パン ドラ の函・EME 月面反射通信地球局
JA1XYB
JK1ECZ
JA1XYB 総務省無線局免許情報 JK1ECZ 総務省無線局免許情報

 無線局は群馬県吾妻郡中之条町の標高440メートルの山頂にあります。主鉄塔のステージの高さは地上高15メートル、直径は6メート ルです。ス テージまでは階段で上れます。この鉄塔は本来月面反射アンテナ設置用です。

 免許は当時、本省決済、何回も何回も説明、申請から2年後にやっと500ワットの変更許可がおりました。昨今のの免許はは地方委譲局 ですので簡単 に申請できます。

右側、3階建ての倉庫の屋根には太陽光発電パネル出力6.4キロワットが設置されています。眼下に中之条町、東吾妻町が一望できます。 遠くに浅間 山、谷川連峰、白根山等が遠望!


YL EMEer誕生 日本で初!430Mhz EME (500W)で免許 JK1ECZ


ハムマニアのダンナ様といっしょになったのが、そもそもマチガイのはじまり
ムリヤリ強制国試挑戦も 今となっては楽しい思い出!

CQ ham radio 1986-2月号に5ページにわたり掲載されました

「19歳でハムの宿六のもとへ」
 「山の上の無線小屋」
 「大きなおなかでトンツー試験」
 「ウサギさんからお餅をもらってネ」
「1アマ合格通知片手に離婚談判?」
 「ウサギさんからの返事」
 「宿六の夢」

舌  代

 昔(数十年前)は無線家族として多方面から注目されました。(1アマ3名、2アマ2名、当時は試験は記述式、通信術も試験官と1: 1) しかし、 今は小生だけが運用しています。

 せっかく検査を受けて免許になっても他の家族は運用はせず趣味の押し付けには大反対!この程度のもの、何が面白い!馬鹿じゃないかと 完全無視、再 免許申請せずに失効!こんな筈では・・・トホホ 描いた円満な無線家族は夢物語でした。価値観の違いと慰めています。

 小学生の子供たちに1アマや2アマをとらせるにはそれなりにニンジンをぶら下げたのです。XYLは大きなおなかで1アマに合格。通信 術(送信)担 当の郵政技官もビックリしたことでしょう。

3人の子供達は小学生で既に和文モールスは全てマスターしていましたので小生がXYLの悪口をOMとの交信で打っていると言いつけられ後で騒動になったこともありました。HiHi

 今は可愛い(小学生)孫に期待をして手なずけようとしているのですが・・・難しいです。何せ、長男一家は教育パパと教育ママ、お受験のこともある し、無線なんてトンでもないと言われそうです。

無線局定期 検査

  何年か前まで年1回行われる無線局の定期検査が ありまし た。アマチュア局では簡易な手続き(保証認定や技適申請)による免許申請局には行われなかったと思います。本省決済の大電力局などが無線設備の変更の検査 を行うときに指定されたようです。我が家では3局が設備共用の本省決済大電力局であった為なのか定期検査が名目行われました。

 そのため、アンテナなど無線設備はは何時でも工事設計書と同じにしておかなければならず大変気を使ったものです。

超簡単!ハイパワー局免許・ 電子申請

失効していたJK1ECZの免許を電子申請ライトで再取得しました。

@ 2011,10.18, 10ワット移動しない局免許(とりあえず!技適機種で申請)

A 2011,12,02, 500ワット変更免許(ja1xybと同じ内容で備考に設備共用及びEME通信の免許条件を記載する)

 家族の設備共用なので変更検査は省略でしたので変更許可なしに、いきなり免許、簡単、信じられない!以前はは設備共用でも厳しい検査 がありまし た。し かも、費用は開局申請(50ワット以下)の2900円のみです。やはり、簡易な手続き(技適や保証認定)によらない免許でないので2ケ月位は審査にかかり ます。

 無線設備の新設や変更は電波法の関連規定を熟知し、簡易な申請手続きと軽微 な変更をうま く使い分け ると検査を回避できます!法改正で検査項目が無線設備だけになったことが要因です。送信装置の増設・取替えは変更許可(検査)が必要ですが技適のエキサイ ターであれば簡易な免許手続 きで設置した後、軽微な変更として装置の一部変更(終段管の個数、名称)は遅滞なく届ければよいのです。注意:これを一度に申請すると検査対象の無線設備 の増設になり検査があります。

注 釈:免許 された指定事項の範囲内であっても送信装置の増設や取替えはすべて申請(届を含)が必要です。アマチュア局の200ワット以下の技適や保障認定の簡易な免 許手続きによる申 請(届)でも同様です。送信装置の軽微な変更の意味を勘違いしないでください。また、遅滞なく届出と条文に断りがない場合の「届」は書類が行政庁に受理 (審査が終した旨、意思表示)された場合に限り届が完結したと解すべきでしょう!申請(届)しても不受理もありえます。申請(届)書類をポストに入れただ けでは届け たとは言えません。行政法(※注)上の解釈は書類等の受け渡しと届の受理とは意味が違います。

参 考:許可と「届」の違いは法律上は罰則の有無の違いであって事務処理の流れは同じです。

注 意:行政法という法律があるわけではありません。法律の有無に限らず優先する考え方です。例えれば「モラルはルールに優先する!」です。よく耳にする何処 どこの総合通信管理局に聞いたところ○○でよいと言う人がいますがこれはあまりにも拙速で幼稚な思考です。判断の根拠はあくまで法令の趣旨です。国家試験 の引っ かけ問題になりそうですね!

 しかし、奥様」はいっこうに運用する気配はありません!

山頂の無線 設備

4系列最大出力6.4KVAのソーラーパネル(通常は電力会社と連携運転)

ステージ中央の大型ローテーター(短波のアンテナ)

眼下は中之条町の街並み、遠くに榛名山(東京は遥か山の彼方)

給湯用の集熱器、不凍液を循環させ1階の400リッター貯湯槽のコイルで熱交換を行っている

15メートルのステージへは階段で登れる・10人一緒でもOK

夏の思い出!尾瀬・・・蛙の子は蛙 背中の赤ん坊は小六で1アマ(旧制度筆記式試験当時合格)和文・欧文モールスはおなかの中で覚え た?

1986年 群馬県広報誌「グラフぐんま」より

「上野の 山」セピア色の思い出!

 昭和42年10月10日初の体育の日に上野の山で行われた狐狩り、今のフォックスハンティングとは全く違います。小生はエスミのMR -4Sで参 戦、 狐は洗濯屋に扮した人の自転車の荷台のかごの中に潜って送信、苦しかったでしょう!狐はあくまでトランシーバーをもった人なのですから!今のつまらない フォックスハンティングには興味がありません。

 周波数は50メガでA3、幹事は後楽園クラブ、八木アンテナをコンジットパイプに付け参戦する輩まであらわれ公園は大パニック!関係 ない人「に狐 ですか?」の連発!怪訝な顔をされた来園者も多かったのです。

 小生が表彰状を授与されるところはCQ誌にも掲載されました。50メガの機械は3A5の超再生の時代、受信していても電波が出ている のですから 「いやはや!」翌日の新聞には上野の山のキツネ狩りが紹介されました。

 何等賞だったか忘れましたがある賞品は当時、高嶺の花の電気掃除機と思いきや「電気掃除機の箱」の中にほうきと雑巾なんかもありまし た。参加者も 大笑い!小生はCQ出版からコールブック、ロケットからマスプロの50メガ3エレを頂きました。

 時代の変節は認めますがでも、「昔の方が良かった」と感じるのは小生だけではないと信じます。

管球式リニアアンプ運用の勘どころ ヘンリー2K4の再生 14MHz 1.5λデルターループの実験 14MHzホイップアンテナの取付・調整方法 福島産放射能と八ッ場ダム愚かな選択 懐 かしの大菩薩峠 ヴィンテージラヂオの紹介 COLLINS 30S1 最強の 14MHzモービル・ホイップ・アンテナの取付と調整方法パートU  究極の80mマルチバンド・ ループアンテナ